2009年11月06日

高脂血症予防の食材とその効果 その3

ワインなどに含まれている渋み成分、「ポリフェノール」も、コレステロール値を下げてくれるものです。
みなさんにとっても身近ですから、ご存知の成分でしょう。

ポリフェノールは、もともと植物の色素であって、苦味の成分です。
種類は沢山あって、400種以上と言われているのです。
ポリフェノールは抗酸化作用が強いことで知られています。
活性酸素によってLDLコレステロールが酸化されることを防ぎます。
結果、動脈硬化を予防することに繋がりますから高脂血症を予防できます。

ポリフェノールには高脂血症の予防のほかに、老化の予防、がん予防にも効果があると言われています。
ポリフェノールを多く含む食材は、赤ワインは有名ですが、そのほかにもブドウの皮やお茶、そしてブルベーリーや大豆があげられます。

「タウリン」もコレステロールを分解する力のある成分です。
タウリン配合の栄養ドリンク剤も最近は見られるようになりました。
これはアミノ酸の一種です。
タウリンは肝臓において胆汁酸の分泌を促します。
胆汁酸が沢山出ると、コレステロールを分解します。
よって結果的にコレステロール値を下げると言うことです。

タウリンの多く含まれている食材は、マグロやイカ、そしてサザエ、ホタテなどの貝類です。
こうした魚介類に沢山含まれる成分ですから、高脂血症には肉ではなく魚を食べたほうがいいということもよくわかります。

さて、高脂血症にならないよう、コレステロール数値を下げるために良い食材についてご紹介してきました。
どの成分が具体的にどのように体に効果的なのかを知っておくと、進んで摂取しようと言う気持ちも高まると思います。
posted by 高脂血症 at 11:38 | TrackBack(0) | 高脂血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高脂血症予防の食材とその効果 その2

コレステロール数値を下げてくれる栄養素は、食物繊維に続いて、次に「レシチン」です。
レシチンとは大豆に沢山含まれている「リン脂質」と言う脂質の種類です。
りん脂質は乳化作用を起こし、コレステロールを分解します。
また血管の内側の壁に付いてしまったコレステロールをはがして流す作用がありますから、動脈硬化の予防となります。

また、レシチンは善玉コレステロールを増やしますから高脂血症の予防にも大変効果的です。
更に、中性脂肪を排泄させる効果も持ち合わせていて、血液の流れを良くしてくれます。
レシチンが多く含まれる食材は大豆や卵黄です。
またレシチンには「記憶力を高める」という効果があるそうです。
痴呆防止にも役立つ成分なのですね。

「DHA」や「EPA」も血液がさらさらになる効果があります。
DHAとEPAは青魚などの食材に沢山含まれています。
これらは中性脂肪を低下させ、血小板の凝集抑制作用もあります。
結果、血液の流れを良くし動脈硬化を予防しますから、高脂血症予防にも繋がるのです。
また、他にもEPAは、関節リウマチなどの病気に効くと言われています。
そしてアルツハイマー型痴呆が進行してしまうことを抑制する効果や、大腸がん予防にも良い成分と言われています。

「ビタミン」もコレステロールを下げる大切な成分です。
十分にビタミンとミネラルを摂取することが大切になってきます。
ビタミンもいろいろと種類がありますがビタミンCとビタミンEは、LDLコレステロールが酸化することを防ぎます。
ビタミンB6、12は、タンパク質、脂肪の代謝を促し、血液を造るために関わっている葉酸に作用します。
posted by 高脂血症 at 11:38 | TrackBack(0) | 高脂血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高脂血症予防の食材とその効果 その1

血中のコレステロール数値を下げることは高脂血症の方にはとても重要です。
毎日の食事に気をつけることによって、少しでも数値を下げるように努力しなければなりません。

では、そのために沢山、摂取したほうが良い栄養素にはどんなものがあるのでしょうか。
これらは高脂血症の予防になりますから、その成分と沢山含まれる食べ物を是非覚えて下さい。

まず、コレステロール数値を下げるために摂取したいものは「食物繊維」です。
食物繊維は「水溶性」と「不溶性」に分けられます。
コレステロール値を下げることに活躍してくれる方はと言うと、「水溶性」の食物繊維なのです。

そのしくみですが、水溶性の食物繊維は、腸の中でコレステロールを包み、それを排泄させます。
数ある水溶性の食物繊維の中でも、特に、オクラ、山いもなどに沢山含まれている「ムチン」が活躍します。

また海藻類(こんぶ、ひじき、わかめなど)に沢山含まれている「アルギニン」もそうです。
コンニャクに含まれている物質で「グルコマンナン」というものがありますが、これは水溶性の食物繊維です。
柑橘類などフルーツの皮に沢山含まれている「ペクチン」などもあげられます。
特にペクチンはコレステロール値を下げるためにとても有効と言われていますから是非、摂取するように心がけて下さい。
ここでお話したように、食物繊維の多く含まれる食材をまとめると次のようになります。
オクラ、山いも、海藻類、コンニャク、柑橘類、これらの食物を覚えて、普段から摂取するようにします。
食生活の改善で、効果的な食材を食べ、コレステロール数値を下げ、高脂血症を予防して下さい。
posted by 高脂血症 at 11:38 | TrackBack(0) | 高脂血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。