2009年11月06日

野菜を使った高脂血症予防レシピ

高脂血症を予防するための野菜をたっぷり使ったレシピをご紹介します。
小鉢で出せるような、副菜にいかがでしょうか。
「厚揚げと小松菜の煮浸し」です。

材料(2人分)
小松菜・・・・100g
厚揚げ・・・1枚
椎茸・・・2個
醤油・・・適量
さとう・・・・大さじ半分
みりん、しょうゆ・・・各大さじ1
だし汁・・・100cc

作り方
1・小松菜はさっと塩湯でし、水に入れて冷まし、絞って食べやすい大きさに切ります。
2・厚揚げは、熱湯で油抜きをして、食べやすい大きさに切っておきます。
3・椎茸は、石突きを切り取って、薄切りにしておきます。
4・フライパンに厚揚げ、椎茸、だし汁を全部入れます。
5・煮立ったら調味料をいれ、5分更に煮ます。
6・最後に小松菜を加えてさらに1分煮たら出来上がりです。

厚揚げの原料は大豆ですから、大豆にはレシチンが豊富に含まれます。
レシチンは中性脂肪を体から排出させる作用がありますので、高脂血症の予防になります。
大豆製品を取り入れたお料理のレパートリーが増えるといいですね。

次にご紹介するレシピは「カボチャのクリーム煮」です。

材料(2人分)
カボチャ・・・200g
粒コーン・・・60g
タマネキ・・・40g
サラダ油・・・小さじ1
牛乳・・・200cc

作り方
1・かぼちゃは切って種を取り除き、所々皮をむいて味がしみやすいようにします。
2・かぼちゃを4センチくらいの大きさに切ります。
3・タマネギは薄切りにし、茶色くなるまで炒めておきます。
4・タマネギを炒めたフライパンに、カボチャとコーンを入れ、牛乳も入れて煮ます。
カボチャにすっと箸が通るくらいになれば出来上がりです。

本来、脂肪の高い生クリームを使いますが、カロリーを控えて牛乳にしてあります。
煮汁も美味しく簡単でヘルシーな一品です。
posted by 高脂血症 at 11:38 | TrackBack(0) | 高脂血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132163431

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。