2009年11月06日

高脂血症予防レシピ「焼き春巻き」

高脂血症を予防するため、野菜を沢山食べられるレシピに挑戦してみましょう。
春巻きは通常、揚げて仕上げるのですが、ここでは油で揚げず、オーブントースターでこんがり焼き上げます。
その分、ヘルシーでコレステロールも低いです。
ササミを使いますのでタンパク質もしっかり取れます。

「ヘルシー焼き春巻き」

材料(2人分)

春巻き皮・・・・4枚
鶏ササミ・・・・100g
茹でたタケノコ・・・100g
ニンジン・・・20g
干しシイタケ・・・2枚
盛り付け用の生野菜、キャベツなど・・・適量
味付け用のゴマ油、しょうゆなど・・・適量

作り方
1・ササミは細かく切り、しょうゆ、ゴマ油で下味をつけておきます。
2・シイタケは水で戻して、石突きを切り取り、薄切りにしておきます。
3・タケノコ、ニンジンも千切りにしておきます。
4・油をひいたフライパンにササミ、シイタケ、ニンジン、タケノコを一緒に炒めます。
5・お好みでしょうゆ、ゴマ油を足し、水で溶いた片栗粉を入れ、混ぜ合わせておきます。
6・出来上がった具を春巻きの皮に巻きます。
7・オーブントースターで5分焼きます。
8・千切りキャベツの上に盛り付け出来上がりです。

添える野菜はお好みで構いませんが、キャベツ、レタスなどの野菜がお勧めです。
料理にはコレステロール数値を下げるため、野菜を添えて沢山食べるようにして下さい。
数値が下がれば高脂血症になる可能性が低くなります。
生野菜にはマヨネーズなどカロリーの高いものを付けて食べないよう気をつけてくださいね。
posted by 高脂血症 at 11:38 | TrackBack(0) | 高脂血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。