2009年11月06日

高脂血症予防の食材とその効果 その1

血中のコレステロール数値を下げることは高脂血症の方にはとても重要です。
毎日の食事に気をつけることによって、少しでも数値を下げるように努力しなければなりません。

では、そのために沢山、摂取したほうが良い栄養素にはどんなものがあるのでしょうか。
これらは高脂血症の予防になりますから、その成分と沢山含まれる食べ物を是非覚えて下さい。

まず、コレステロール数値を下げるために摂取したいものは「食物繊維」です。
食物繊維は「水溶性」と「不溶性」に分けられます。
コレステロール値を下げることに活躍してくれる方はと言うと、「水溶性」の食物繊維なのです。

そのしくみですが、水溶性の食物繊維は、腸の中でコレステロールを包み、それを排泄させます。
数ある水溶性の食物繊維の中でも、特に、オクラ、山いもなどに沢山含まれている「ムチン」が活躍します。

また海藻類(こんぶ、ひじき、わかめなど)に沢山含まれている「アルギニン」もそうです。
コンニャクに含まれている物質で「グルコマンナン」というものがありますが、これは水溶性の食物繊維です。
柑橘類などフルーツの皮に沢山含まれている「ペクチン」などもあげられます。
特にペクチンはコレステロール値を下げるためにとても有効と言われていますから是非、摂取するように心がけて下さい。
ここでお話したように、食物繊維の多く含まれる食材をまとめると次のようになります。
オクラ、山いも、海藻類、コンニャク、柑橘類、これらの食物を覚えて、普段から摂取するようにします。
食生活の改善で、効果的な食材を食べ、コレステロール数値を下げ、高脂血症を予防して下さい。
posted by 高脂血症 at 11:38 | TrackBack(0) | 高脂血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。