2009年11月06日

コレステロールは体に必要

血液中の脂質と呼ばれるものには、コレステロール、そして中性脂肪があります。
中性脂肪はトリクリセライドと呼ばれます。
これらの脂質が血液の中に、過剰にありすぎる状態を「高脂血症」と呼びます。

コレステロールはダイエットしている人にはイヤな言葉ですよね。
コレステロールって体に不要なものなのでしょうか?
いいえ、体の細胞膜を作る大切な成分なのです。
それに、中性脂肪も、主にエネルギーになり、人間の体にはどちらも大切なものです。

大切なものなら、体の中に沢山あってもいいのでは?と疑問に思ってしまいますよね。
いくら必要であっても、過剰なほど血液の中にコレステロールがある場合は、高血圧、糖尿病と同じく動脈硬化に繋がる原因となってしまうのです。

高脂血症になるとどのような病気に繋がるのでしょうか?
高脂血症は総コレステロール値が高いと言うことです。
その高さに比例して、狭心症、心筋梗塞を発症する可能性も高くなるというデータがあります。

高脂血症の怖いところは、何の前ぶれもなく、突然発症するところです。
最悪の場合には死亡してしまうことも多い疾患なのです。
自覚症状がほとんどないため、病状が出たとき、病院に行っても手遅れになることも懸念されます。

高脂血症にならないためには、どうしたらよいでしょう。
それは自分自信でコレステロール値に注意し、必要ならば生活改善、運動をすることが重要です。
健康診断をきちんと受け、血液検査結果を自分で把握し、注意することが一番です。
体系的に肥満から程遠い人であっても内臓脂肪が思ったよりついている場合もあります。
そうした影の肥満部分も十分注意が必要ということです。
posted by 高脂血症 at 11:38 | TrackBack(0) | 高脂血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132163423

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。