2009年11月06日

高脂血症と総コレステロール値

高脂血症の方は、血液中の総コレステロールの数値が高いことが特徴です。
反対に総コレステロール値が低い人もまれにいるようですが、高いよりも低いほうが望ましいと言われています。
ですが、極端に低すぎても、それは健康的ではありません。

それはコレステロールの異常ですから、「低リポタンパク血症」なのかもしれません。
成人で理想的な数値としては総コレステロール値が200mg/dL未満が望ましいのです。
国別に見てみますと、中国、日本は、その食生活のおかげか、平均したコレステロール値がおよそ150mg/dLである国です。
これらの国はアメリカなどと比べて冠動脈疾患が少ないというデータがあります。

総コレステロール値が、300mg/dL以上になると、なんと、心臓発作を起こすリスクが倍になるというデータもあります。
日本も食生活がだんだん欧米化していますから、これらの数字に安心していることも出来なくなるでしょう。
食生活の欧米化は肥満体系につながり、やがては高脂血症になる危険性も出てきます。
食生活を改善するのは自分の気持ちひとつですから、家族のためにも健康でいなければいけませんね。

以前は「肥満」として片付けられたことも、最近では、「メタボリックシンドローム」と呼ばれ、健康診断でもおなか周りを測定するなど、予防と注意がさかんに呼びかけられています。
これは動脈硬化症を引き起こす原因と考えられている高脂血症など、肥満は様々な危険因子が集積した状態なのです。
メタボリック検査にひっかかった方はまず食生活から見直して、そのまま高脂血症、動脈硬化に繋がらないよう、早めに改善策を取るべきだと思います。
posted by 高脂血症 at 11:38 | TrackBack(0) | 高脂血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132163421

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。